pagetop
PLUS FOUR
Description
2019年6月28日より販売開始したMORGAN PLUS SIXに続きCXジェネレーション接着アルミプラットフォームを採用。
MORGAN PLUS SIXの全幅1,745mmに対しMORGAN PLUR FOURの全幅は1650mm/95mmとなり、日本の道路事情にさらにマッチしたサイズとなりました 。
モーガンのデザイン概念をまさに象徴しているワイヤーホイールを採用(MORGAN PLUS SIX では選択不可)するなど、先代モデルの雰囲気を残しながらも、先進のCXジェネレーションプラットフォームによる室内と荷室スペース増をもたらしております。
パワーユニットはMORGAN PLUS SIXよりもコンパクトで軽量なBMW製 2.0リッター BMWツインパワーターボエンジンを採用、4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載した最初のモーガン車となります。


最高出力190kw 258ps(PLUS SIXは250kw/40ps)、オートマチックモデルで最高トルク400Nm 40.8kgf/m(PLUS SIXは500Nm/51.0kgf/m)、 乾燥重量は同じATモデルで1009kg(PLUS SIXは 1,075kg)となり、これによりATモデルで 0-100kmは4.8秒(PLUS SIXは4.2秒) 、トップスピードは240km/h(PLUS SIXは267km/h)を実現します。

MORGAN PLUS SIX同様の8速オートマチックトランスミッションと新たに6速マニュアルも選択可能となり、ギアボックスの種類を選択できる最初のモーガン車となります。

・ 70年の歴史を持つ従来モデルから97%のコンポーネンツが新しくなった革新的な進歩を遂げたモデル
・ PLUS SIX で開発されたCXジェネレーション接着アルミプラットフォームを採用
・ ナローボディーと、モーガンの中心モデルであることを特徴づけるユニークなウイング外形
・ ローオフセットのワイヤーホイール使用を容易にする、ダブルウィッシュボーン採用の最新プラットフォーム
・ 4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載した最初のモーガン車 - 2.0リッター BMWツインパワーターボエンジンは190kw(258ps)/400Nm(40.8kgf/m)を発生
・ 生産終了となったROADSTER と並ぶ動力性能 - 0-100km 加速 4.8秒、最高速240km/hを達成
・ 6速マニュアル/8速オートマチックトランスミッション採用 ギアボックスが選択できる最初のモーガン車
・ 生産終了となったROADSTERと比較してCO2排出30%減、159g/km CO(WLTP 複合)を達成
・ 今までに生産されたモーガン車の中でもっともクリーンな環境性能。燃費(複合)は7.0L/100km(1L/14.3km)を達成
・ 軽量モーガンスポーツカーを継承する1009kg の車両重量(乾燥重量)


MORGAN PLUS FOUR MANUAL 車両本体価格 :12,210,000 円(消費税10%込)
MORGAN PLUS FOUR AUTOMATIC 車両本体価格:12,540,000 円(消費税10%込)


《デザイン&ダイナミクス》
MORGAN PLUS FOURは、CXジェネレーション接着アルミプラットフォームをベースとしており、CXはローマ数字でこのプラットフォームがモーガン・モーター・カンパニー110 周年(2019年)にデビューしたことを意味しています。
以前のスチールラダーシャシーより高剛性且つ重量は97kgと驚異的に軽量であり、この先進的なプラットフォームは乗り心地とハンドリング能力において21世紀の競合車種と互角に競うことが可能です。
一方で、以前のモーガン車らしい乗り心地も忘れられておらず、その機敏性、レスポンス、バランスは、モーガン車を運転したことのある方にとっても馴染み深いものとなります。
MORGAN PLUS SIXとCXジェネレーション接着アルミプラットフォームをシェアしているにもかかわらず、MORGAN PLUSFOURのデザインは明らかに異なります。より大きなエンジン搭載モデルと比べ、4気筒のモーガン車は常にナローボディーを特徴としており、MORGAN PLUS FOURも例外ではありません。MORGAN PLUS SIXと比較して、MORGAN PLUS FOURはボディー中心部において104mm、全体では78mm幅が狭くなり、ユニークなウイング外形が特徴となります。

MORGAN PLUS FOURは先代モデルの雰囲気を残しつつ、先進のCXジェネレーションプラットフォームにより室内と荷室スペース増をもたらしております。更に乗降性も劇的に向上しております。同時に、これらの進歩は日常使いにおける利便性も高めており、より多くのお客様に訴求できるモデルとなっております。

MORGAN PLUS FOURは、CXジェネレーションプラットフォームのモーガン車においていくつかの初採用を誇っており、そのひとつに15インチワイヤーホイールがあります。モーガンのデザイン概念をまさに象徴しているワイヤーホイールの採用には、ウィッシュボーン、サスペンションアップライト、ブレーキコンポーネントの再設計を含む広範囲にわたる開発作業を必要としました。
1960年代&1970年代スポーツカーとモーガンのクラシックホイールデザインを参照した、新デザインのアロイホイールも選択可能です。


《パワートレイン、パフォーマンス、エミッション》
BMWとの長きにわたる関係により、MORGAN PLUS FOUR は、2.0リッター BMWツインパワーターボエンジンを採用しております。
4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載した最初のモーガン車となり、最高出力190kw(258ps)、オートマチックモデルで最高トルク400Nm(40.8kgf/m)を実現しています。
乾燥重量はたったの1009kgとなり、これにより0-100kmは4.8 秒、トップスピードは240km/hを実現します。
マニュアルモデルは最高トルク350Nm(35.7kgf/m)を発生、乾燥重量1013kgと組み合わせることにより、0-100km は5.2秒となります。
パワーとトルク数値はBMWの数値と一致も、エンジンマッピングはMORGAN PLUS FOURにとって最適なドライバビリティとレスポンスを実現するため特別に調整されています。
MORGAN PLUS SIX同様スポーツプラスモードがあり、センターコラムにあるボタンによって操作、スロットルレスポンスの向上によりダイナミックな運動性能となります。
エンジン出力は生産終了となったROADSTERに匹敵するも、実際のパフォーマンスとダイナミクスにおいては全く新しいレベルに到達しております。
MORGAN PLUS FOURは、CXジェネレーションプラットフォームのモーガン車においてマニュアルギアボックスを採用した最初の車となります。
6速ギアボックスは適切に選択されたギアレシオとの組み合わせにより、完璧な動力性能を発生するために最適化されています。
オートマチックギアボックスもこのモデルにおいて初採用、8速オートマチックトランスミッションにはパドルシフトが採用され、MORGAN PLUS SIX同様CXジェネレーションプラットフォームとBMWエンジンと完璧にマッチします。
スポーツモードの選択によりシフトパターンとレスポンスが変更になり、よりダイナミックな運動性能となります。ギアもマニュアルシフト操作が可能となり、ギアセレクターレバー、もしくはステアリングコラムに取り付けられたパドルによって変更します。
パワーとトルクは生産終了となったPlus 4と比較して65%も向上、最先端のドライブトレイン技術により燃費(複合)は7.0L/100km(1L/14.3km)、オートマチックモデルで159g/km CO(WLTP 複合)を達成しております(マニュアルモデルは、7.3L/100km(1L/13.7km)、165g/km CO(WLTP 複合)を達成)。

伝統的なモーガンとしての価値は、最新のMORGAN PLUS FOUR の生産においても非常に重要となります。全てのモーガンスポーツカーは、モーガン・モーター・カンパニーの本拠地である英国ウスターシャーのマルヴァーンで、手作りのアッシュフレーム、手で打ち延ばされるアルミパネル、手作業でトリムされたレザーインテリアなど、ハンドビルドにより生産されております。
クラフトマンシップは現在も、そしてこれからもモーガン車の生産にとって根幹を成し、21世紀の馬車造りの精神が日々遵守されています。
MORGAN PLUS FOURは多くの装備を標準にて装着、オートLED フロント&リアライト、リモートセントラルロッキング、ABSなどが含まれます。また、以前はオプションであったパワーステアリング、モヘアフード(幌)、サンバイザー、ドアチェックストラップなどが標準にて装着されています。
新しいオプション装備としては、パドルライト、オーディオシステム(Bluetooth 接続対応)などが含まれます。
非常に多くの選択肢により、より多くのお客様のご要望にお応えすることが可能です。


《スペック&オプション》
・ 6速マニュアルと8速オートマチックトランスミッションの採用。
・ スポーツソリッドカラー標準装備。クラシックソリッドカラー、メタリックカラー、マットペイントフィニッシュ、2トーンペイント、3ステージパールペイント、ペイントプロテクションフィルム、ポリッシュドボンネット&カウルがオプション選択可能。
・ 新デザインの15インチシルバーアロイホイール標準装備、ブラックはオプション選択可能。新15インチワイヤーホイールがオプション選択可能(シルバー、ブラック、ポリッシュドより選択)。
・ ブラックMohairフード(幌)標準装備。その他カラー、コントラストパイピングがオプション選択可能。
・ リアマウントスペアホイールがオプション選択可能。ラゲージラックもオプション選択可能(4本or5本ホイール車対応)。
・ LEDフロント/リアライト、オートマチックヘッドライト、ABS、パワーステアリング、サンバイザー、ドアチェックストラップ標準装備
・ 新オーディオシステム(Bluetooth接続対応)がオプション選択可能。
・ パドルライトシステムがオプション選択可能(モーガンコアモデルにおいて初採用)。
・ リモートセントラルロッキング標準装備(モーガンコアモデルにおいて初採用)。
・ 新導入のペブルグレーンレザー標準装備。プレミアムソフトグレーンレザーインテリアがオプション選択可能。プレミアムサドルレザーディテールによりシートベルトガイドとドアハンドルにより質感が向上。
・ インテリアカーペットはオプションでボックスウィーヴに変更可能(色選択可能)。
・ シートバックはブラックコンポジット標準装備。レザー、ボディー同色オプションがオプション選択可能。
・ ホリゾンタルプリーテドシートセンター標準装備。キルトツインニードルステッチシートセンター、スクエアボックスステッチシートセンター、刺繍入りヘッドレスト(Morganロゴ or Plus Fourロゴ)、コントラストカラーシートステッチング&パイピングがオプション選択可能。
・ ランバーアジャストメント標準装備。ヒーティッドシートがオプション選択可能。
・ センターコラムトップ&ダッシュボード(ボディーカラー同色)標準装備。レザー、グロスフィニッシュ、マットフィニッシュがオプション選択可能。


1909年に設立されたモーガン・モーター・カンパニーは、英国ウスターシャーのマルヴァーンで、スポーツカーをハンドビルドしている自動車メーカーです。伝統的な製造工程を経て生み出される、モーガンならではのスポーツカーは、世界中に多くのファンに熱狂的な支持を得ています。
Movie
Spec&Equip
Configure
For The Drivers