Norton

History

1898年 「ジェームズ・ランズダウン・ノートン」ノートン・モーターサイクルズ創設者
1898年、ノートン社はジェームズ・ランズダウン・ノートンによって設立されました。当初はバイクと自転車の部品を取り扱う会社でしたが、数年後の1902年には、フランスとスイスからエンジンを調達してバイクの製造に参入、1908年には、自社製エンジンを搭載するバイク製造を開始します。当時の単気筒サイドバルブエンジンは、その後1950年代まで、バイクエンジンの主流として受け継がれていくことになります。
1907年 ノートン初のTT覇者
1907年のマン島TTレースでは、レム・フォウラーが2気筒クラスを制覇。この時からレース界でのノートン伝説は始まりました。
第一回マン島TTレースでの勝利に続き、ブルックランドを始めとするヨーロッパ各地のレースを次々制覇したことで、パフォーマンスと信頼性を誇る本格的オンロードバイクとレースバイクのメーカーとして、ノートンの評価は確かなものとなりました。
1909年 ハロッズで初めて販売されたモデルに乗るノートンの「パパ」
1916年から、ノートン製バイクのタンクにはノートンロゴが配され、トレードマークとなっています。
1930年代半ばまで、ノートンは年間4000台近くのオンロードバイクと、レースバイクを製造しました。マン島TTレースで通算10勝を挙げ、1930年から7年間に参戦したグランプリレースでは92戦78勝という戦績を残しました。しかし、第二次世界大戦中はレースから撤退しオンロードバイクの製造に専念、英国陸軍用バイクの4分の1近く、10万台以上を供給しました 。
1925年 Norton Model 18
1950年には、ノートン用にフェザーベットフレームが開発されました。これは、マン島のカーブをスムーズに曲がれるように設計された軽量で強靭なフレームです、マンクス・ノートン(マン島仕様ノートン)に装着されたこのフレームは、バイクのハンドリング性能を向上させ、ジェフ・デュークやジョン・サーティースといった伝説的ライダーの勝利に少なからず貢献しました。
1935年 ガスリーがシニアTTに初参戦
1951年には、ドミネーターにも他のノートンカフェレーサー車種と同様、フェザーベットフレームが導入されました。このフレームは高い評価を得て広く利用されたので、従来型フレームは瞬く間に姿を消すこととなります。1952年までライダーとして活躍したジェフ・デュークは、350ccと500ccクラスの世界タイトルを獲得し、大英帝国勲章を受賞しています。
1952年 ジェフ・デューク
1961年に開催されたアールズコートモーターショーでは、Commandoを発表。このモデルは、その後十数年にわたり製造され、累計5万台を売り上げることとなりました。
1970年 Norton Commando 750
70年代、タバコ会社のジョン・プレイヤーから援助を受けレースに参戦。また「ノートンガールズ」キャンペーンを展開し、Commandoでも成功を収めました。しかし、景気が後退し、外車との競争が激化、ノートンをはじめ英国のバイク産業は衰退の一途をたどり、1976年にはまさに絶滅寸前となりました。Commandoの製造が終了したのはこの年のことです。
1991年 JPS Nortonに乗るトレバー・ネイション
再びジョン・プレイヤーの後援を受け、レース界へ復帰を果たしたノートンは、1989年、スティーブ・スプレイを擁して英国スーパーバイク選手権に参戦し、オールブラックのNorton JPSで見事勝利をおさめました。同選手権では、1994年にもガッカムス・ノートンに乗ったイアン・シンプソンが英国タイトルを獲得しています。
1992年 ヒスロップがシニアTTを制覇
1992年、スティーブ・ヒスロップが乗るオールホワイトのABUSノートンが、カール・フォガーティのヤマハを破り、マン島シニアTTを制しました。マン島レースでの英国製バイクによる勝利は、ほぼ30年ぶりでした。
2009年 世界記録樹立
米国ボンネヴィル・ソルトフラッツにてロータリーエンジン搭載NRV588に乗ったCEOスチュアート・ガーナーによりロータリーエンジン搭載バイク最速180マイルの世界記録を樹立しました。
2012年 マン島TTへ復帰
新型レースバイクSGIにてマン島TT本戦に出場。20年ぶりにマン島TTへの復帰を果たしました。

写真

写真

写真

株式会社 オートプレステージ
本社:〒470-0131 愛知県日進市岩崎町大塚1042-1
TEL:0561-75-4666
NAGOYA店:〒468-0053 名古屋市天白区植田南3-806 1F

このページの最上部へ ↑